製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミック(陶材)での歯科治療について

セラミック(陶材)での歯科治療について

セラミックとは陶材のことをいいます。一般的に銀歯や金歯とよばれる金属を用いた材を使用せず、陶材の詰め物や被せ物に使用することで、自然の歯とほとんど変わらない見た目を得ることができます。また、ホワイトニングと比べ希望通りの白さにすることができます。さらに、歯の形や歯並びの微調整も調整することができ口元の審美性を高めることができます。歯科セラミック治療の時にLED照射器を利用することがあります。

 

セラミックの素材と種類

ジルコニアオールセラミックスとは、通常のオールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用しものです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとプラスチック樹脂を混ぜ合わせた素材です。プラスチック樹脂が入っているぶん、オールセラミック素材よりも衝撃吸収力が高いために、咬み合わせる歯や周囲の歯を痛めにくいという利点があります。しかし、時間の経過とともに変色していくという欠点もあります。

 

オールセラミックとは金属を全く使用しないセラミックスのことです。気になる奥歯の金属や前歯のムシ歯を、セラミックス素材だけで、歯本来の色調や質感を持った自然な感じに回復する最新の治療法です。従来の金属を使ったメタルセラミックと違い金属を使用していないため、歯茎が黒くなるということがありません。



より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp