製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 矯正治療が必要する人と矯正治療の注意点

矯正治療が必要する人と矯正治療の注意点

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。 しかし歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善したり、食べ物をしっかりとかみ切り噛み砕けるようにするという目的もあります。しっかりとバランスよく噛めるようになることによって全身とかみ合わせのバランスがとれるようになります。矯正治療の前には歯科レントゲンによる検査は必要です。

 

こんな方は矯正が必要です

1、歯並びが不揃いである。2、歯と歯の間に隙間がある。3、奥歯でしっかりかんでも前歯が噛み合わない。4、上下の顎が横にずれている。5、歯がねじれている。6、出歯や受け口。7、物がよく噛めない。8、発音がしにくい。9、歯並びや口元の容貌に関して、精神的に気になる。

 

悪い歯並びをそのまま置くと

1、食べ物をしっかり噛めないため胃腸へ負担がかかる

2、ブラッシングがしにくいため虫歯や歯周病になりやすい

3、歯並びの悪さにコンプレックスを抱いたり、負担に感じたりするなど、気持ちが消極的になってしまうことがあるなど。

 

矯正治療中の注意点

毎食後必ず歯を磨き、何か食べたら歯を磨く習慣を付けるようにしてください。外出時でもできるだけ食後は歯を磨くようにすることが、虫歯・歯周病予防につながります。通常の歯ブラシでも磨けますが、装置の構造に合わせた磨きやすいタイプの歯ブラシがあります。できる限り面倒くさがらずに使い分けてブラッシングしましょう。また手鏡を利用して、装置の周囲に歯ブラシがしっかり当たっているか、汚れが取れているかなどを確認しながら磨くのがポイントです。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp