製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 取り外し式装置と固定式装置による矯正治療

取り外し式装置と固定式装置による矯正治療

取り外し式装置

拡大床とは、歯並びの横幅を広げたり、数本の歯の移動をさせる装置です。装置の一部には、回すと装置が動くネジが埋め込まれています。このネジを回して力を加えることで、歯を理想的な方向に動かして治療を進めていきます。治療方法は装置を作製しお口の中にはめるだけ。食事や運動時には取りはずすことが可能です。適用年齢は主に乳歯や永久歯生え換わりの初期に使用されます。

 

マウスピース矯正とは、透明シートで作ったアライナーというマウスピースを用いる矯正治療法で、「目立たない」「取り外しができる」「違和感が少ない」というメリットがあります。この治療方法は、まさに、従来の治療概念を根本から変えることになりました。矯正を行なう前に歯科レントゲンによる精密な検査は必要です。

 

固定式装置

歯の裏側にブラケットやワイヤーを着ける固定式の装置です。歯の表側に装置を着けないので、外から装置がほとんど見えません。慣れるまで発音しにくい場合もありますが、人に気づかれずに矯正したい人に合った治療法です。 特殊な装置なので費用は表側矯正よりも高めで、矯正医によっては、治療できる症例や治療期間などが異なる場合があります。

 

インプラント矯正とは、矯正用につくられたインプラントを顎の骨に埋め込み、そのインプラントを固定源として歯を移動させる治療です。まだ新しい治療のため導入している歯科医院はあまり多くありませんが、矯正期間を大幅に短縮し、良好な治療結果が得られる方法として注目されています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp