製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングの薬剤と特徴について

ホワイトニングの薬剤と特徴について

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくものです。それまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、歯の表面を削ったり傷つけたりすることなく、自分の歯を残して白くすることができるようになりました。ホワイトニングの前には超音波スケーラーのような器材で歯石などの汚れを取ることを勧めます。

 

ホワイトニング薬剤の主原料はオフィスホワイトニングで35%の過酸化水素。ホームホワイトニングには10%の過酸化尿素が使われます。 歯の表面に塗られた薬剤は空気に触れるとゆっくりと酸化を始めます。その過程で不安定な電子を含む分子は化学分解していきます。フリーラジカルは状態を安定させるためにエナメル質表面にある有機性着色物質とくっついて漂白されます。

 

オフィスホワイトニング

歯科医院にて行なうホワイトニング治療です。専用の薬剤を歯の表面に塗布し、強烈な光照射を30分から40分程度照射します。医師が使用可能な薬剤と機器によるものなので、ご自宅で行なうホームホワイトニングに比べ白くなるまでの期間が短いです。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で手軽に行えるホワイトニングのことです。自宅にて 歯科医院で 作成した専用のマウストレーにホワイトニング用のジェルを入れ、夜 寝るときに装着し、じっくりと時間をかけて少しずつ歯を白くしていきます。 効果が安定していてより自然な歯の白さを手にいれる事が出来ます。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp