製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > よつのタイプの矯正装置の特性について

よつのタイプの矯正装置の特性について

メタルブラケット

金属製のブラケットに、同じく金属製ワイヤーを通す矯正装置です。銀色のため目立つのが弱点ですが、薄くて丈夫なのがメリットです。比較的低コストで治療できるため、治療費を抑えたい方に適しています。矯正を行う前、歯科レントゲン(歯科通販)による検査は必要です。

 

インコグニート

インコグニートとは歯の裏側に装置を付ける矯正方法です。矯正していることを知られたくない、職業柄装置を見せたくないという方もいらっしゃいます。インコグニートは装置が外側から見えないのでおすすめの治療法です。

 

インビザライン

インビザラインは、マウスピース矯正法のひとつです。乳歯が全部生え変わった10代の方から治療できます。マウスピース矯正とは、歯形に合わせて薄い透明なマウスピースを取り変えたり、部分的にくりぬいたり、動かしたい方向に突起をつけておしたりして、
少しずつ歯を動かしていく治療法です。

 

インプラント矯正

最先端歯科治療のインプラント矯正は、通常の矯正器具とインプラントを組み合わせた治療で小さな板状インプラントを使用します。インプラント矯正の最大のメリットは、インプラントを奥歯やあごの骨に植えて固定源にすることで、歯が奥に移動できることです。大臼歯を後側に移動させたり、位置を下げることができます。今まで小臼歯を抜歯しなければならなかった症例や顎を手術しなければならなかった症例でも、歯を抜かずに短期間で行うことができるようになりました。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp