製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラント治療のSTEPと特徴の紹介

インプラント治療のSTEPと特徴の紹介

インプラント治療は、人工歯根を直接あごの骨に埋め込むことで、天然歯と同等の「噛む機能」を回復させる治療法です。入れ歯やブリッジなどと違い、歯を失った部分に直接クラウンを被せるのではなく、人工歯根を埋めてそのうえに人工歯を被せるため、ズレや違和感のない自然な噛み心地が実現します。また、人工歯には天然歯同様の素材を使用し、金属のバネなども使わないため、機能性と同時に美しい見た目が手に入ります。この治療法は外科手術が必要するため、治療の前にパルスオキシメーターや心電計などの器材で体を検査することを勧めます。

 

インプラント治療のSTEP

1、インプラント治療が可能かどうか等を診断し、治療計画をたてます。2、歯根に相当する部品を、顎の骨に埋入する手術を行います。3、骨とインプラントがしっかり結合するのを、36ヶ月間待ちます。4、人工の歯の支台となる部品を、フィクスチャーに連結します。5、インプラントを含めたお口の中全体の型取りを行ない、人工の歯を製作、アバットメント上に装着します

 

治療後のメンテナンスが重要です

インプラント治療後の清掃を怠りますと、天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちることがあります。治療後は特にお口の中の衛生状態に気をつけ定期的に検診を受けていただくことがインプラントを長持ちさせるために重要となります。

 

インプラント治療ができない場合

心臓病や糖尿病などの疾患がある方や、妊婦の方などは受けられない場合あります。また、あごの骨の状態によっても受けられない時があります。いずれの場合も歯科医師に
よくご相談ください。

http://www.athenadental.jp/category-2018-b0-パルスオキシメーター・SpO2モニター.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp