製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科のブリッジ治療の情報

歯科のブリッジ治療の情報

ブリッジは、虫歯などで歯を抜歯した場合や、外傷で歯が欠損した場合に使用される方法で、インプラントや入れ歯と並ぶ欠損歯治療の一つです。歯の欠損に対するブリッジは、比較的多く採用される治療法で、治療期間も短く、噛んだ感じもほとんど違和感がありません。治療する時に専門な歯科用品による協力が必要です。

 

ブリッジ治療のメリット

インプラントと比較して

保険がきくので価格が安い。数千円~1万円ぐらい。治療期間が短い。13週間程度。手術がない。

入れ歯と比較して

固定されているので取り外しの必要がない。異物感がない。金属のバネが見えない。  

ブリッジの短所

1、左右の健康な歯をある程度削らなければならない

2、土台となる歯が弱い場合はできない

 

ブリッジの治療の治療期間

ブリッジの治療にかかる期間は、最短で2週間くらいとなります。まず、欠損した歯の両隣りにある歯を削ります。そして治療部分の型どりをし、装着します。特に違和感がなければこれで終了となり、早いケースでは3回程度の通院で治療が終了しますが、他にも治療が必要な場合は長くなることもあります。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp