製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 二つのタイプの見えない矯正

二つのタイプの見えない矯正

マウスピース矯正とは、歯の表面に金属の装置をつける一般的な矯正治療とは異なり、透明なマウスピースを用いて歯列や噛み合わせを改善する治療のこと。一人ひとりのお口に合わせて作られたオーダーメイドのマウスピースをご自宅で毎日一定時間装着することで、徐々に歯を動かしていきます。矯正の前には歯科レントゲンによる検査は必要です。

 

マウスピース矯正のメリット

取り外しができて衛生的

金属による悩みも解消

透明で目立たなく、しゃべりやすい

痛みがほとんど無い

食べたい物がたべられる

 

裏側矯正とは、矯正器具を歯の裏側につける治療方法のことです。「マルチリンガルブラケット法」「リンガルブラケット」などとも言います。通常の矯正治療では、歯の表側に矯正器具をつけるため、矯正器具が外から簡単に見えてしまいます。これに対し、矯正器具を歯の裏側につければ、人に見られることなく矯正治療を行うことができます。

 

舌側矯正の利点

1、矯正装置が見えない

2、表側の歯ににダメージがない

3、虫歯のリスクが低い

4、歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい

5、スポーツなどの外傷が少ない

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp