製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科の主な治療法の知識

審美歯科の主な治療法の知識

審美歯科とは、歯の病気の治療に加え、歯並びを美しく・良くしたり、「美しさ」という観点から歯を白くしたりすることで、口元をきれいに見せるための治療です。今度は審美歯科の三つのタイプの治療法を紹介します。

 

オールセラミック・クラウン法

オールセラミック・クラウン法は、ムシ歯のあとをキレイにする方法のひとつで、 大きい虫歯の時に効果的です。ムシ歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)を かぶせて、歯の色、形、歯並びなどの 美しさをトータルに修復、改善する方法です。金属をまったく使用しないので、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、 自然な歯が再現できます。

 

ホワイトニング

歯を削ることなく、専用の薬剤を用いて歯の色調を明るくしていくものです。専用のジェルを歯の表面に塗り、歯の中にある色素(着色成分)を分解して明るさをあげて白くしていきます。ホワイトニングの前にシェードガイドで歯の色をチェックすることが必要です。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、ホワイトニングが一般的でなかったころに歯を白くするために使用されてきた方法で、歯の表面に白いネイルチップのようは薄い歯を貼り付ける方法です。最近になり、貼り付ける材料の進歩により、治療の範囲も広がり再び注目されるようになりました。歯の色を白くすることはもちろん、歯の形や隙間を整えたり、隙間をなくしたりするだけでなく、エナメル質の薄くなった歯の補強などにも幅広く対応できます。  

http://www.athenadental.jp/category-2114-b0-シェードガイド.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp