製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科のホワイトニングの類型と特徴

歯科のホワイトニングの類型と特徴

歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。海外ではブリーチングという表現をすることもありますが同じ意味です。また、歯科医院で行うホワイトニングのオフィスホワイトニングと家庭で行うホワイトニングのホームホワイトニングがあります。ホワイトニングの前にシェードガイドで歯の色をチェックすることが必要です。

 

ホームホワイトニング

自宅で気軽にホワイトニングを行う方法です。医院にて患者専用のマウスピースを作成し、そのマウスピースに歯を白くする効果のあるジェルを流し込み、毎日2時間はめます。歯にジェルが浸透していき、ゆっくりと歯を白くしていきます。歯を長時間薬剤に浸す施術のため、歯にしみる場合があります。効果が現れるまでに最低でも1週間はかかりますが、歯にしっかり薬剤を浸透させられるので、白さが長持ちします。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、診療室で行なう ホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に 作用させるため、短時間で歯を白くすることができます。オフィスホワイトニングの効果は個人差や歯によりその 度合いは異なりますが1回のホワイトニングでその直後からホワイトニングの効果を得ることができます。

 

痛みについて

普通の状態ではまず痛みは出ませんが、歯に亀裂や、摩耗があったり、エナメル質のうすい方や、歯の質の弱い方はまれに、痛みやしみを感じる場合があります。

http://www.athenadental.jp/category-2114-b0-シェードガイド.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp