製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 入れ歯の種類の紹介(四つのタイプ)

入れ歯の種類の紹介(四つのタイプ)

フレシキブルデンチャー

フレシキブルデンチャーとは、特殊な樹脂素材で出来ている部分入れ歯で、軽量で軽く、弾力のある入れ歯です。極めて審美性が高く、大きく口を開いても入れ歯をしていることがほとんど分からないほどです。入れ歯の治療の前には専門な器材(歯科通販)で口腔を検査することが必要です。

 

コーヌスデンチャー

残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着する入れ歯です。バネを使わず安定するので、外れにくく審美的にも優れています。支える歯にかかる力が比較的弱いため、負担が少ないのも特徴です。

 

マグネットデンチャー

残っている歯と入れ歯に磁石を埋めて、磁力の力で固定させる入れ歯です。安定感があり、他の歯を傷めることもなく、施術も簡単です。ただし、磁力による問題が生じる可能性もあるので、注意が必要です。

 

コンフォート

よく噛める、痛くない入れ歯です。入れ歯の歯ぐきに当たる部分は、やわらかい生体用シリコーンで覆うコンフォートを装備し、噛みしめる瞬間の衝撃を緩和するため、歯ぐきへの負担を和らげグッと噛みしめることができます。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp