製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミックス治療の種類と特徴についての紹介

セラミックス治療の種類と特徴についての紹介

オールセラミックスは、全く金属を使わないメタルフリーの材質です。オールセラミックスでの歯は、きれいで明るく全体の透明感も優れているため、天然歯と見分けがつかないくらい美しい仕上がりになります。

 

ハイブリッドセラミックス

セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。保険のプラスチックのつめものよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。セラミック治療の時にLED照射器を利用することがあります。

 

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたクラウンです。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

 

 

ラミネートベニアは、歯の表面だけを削り薄いシェル状のセラミックを張り付けることで、歯の色や形の問題を改善する審美修復法です。歯の切削は最小限で済み、歯の色や透明感はより天然歯に近い修復法です。むし歯がない場合で、ホワイトニングで改善できない色調を修正する場合や、歯の形態や歯並びを修正する場合に適応となります。

http://www.athenadental.jp/category-2035-b0-可視光線照射器.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp