製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずによるドラブルと親知らずの利用

親知らずによるドラブルと親知らずの利用

親知らずとは、前の歯から数えて8番目に位置する奥歯のことを言います。他の歯とは違い、生えてくるのが20歳前後と遅いことが特徴です。最大で上下左右の奥に4本生えます。

 

親知らずは、もともと他の歯と同じように上下でしっかり噛み合う普通の歯でした。ところが現代人は食生活の変化によって顎が小さくなり、親知らずが生えるスペースが足りない場合が多くなってしまったのです。そのため、一生生えてこなかったり、歯肉の中で真横を向いて生えていたりという場合もあります。歯科レントゲンによる検査は親知らずの状態を確認できます。

 

半分埋まった状態など、不完全な生え方をしている親知らずはとても汚れがたまりやすく、みがきにくく、炎症などのトラブルを起こしがちです。この場合は早めに抜歯をしたほうがいいでしょう。場合によっては、隣の奥歯を巻き込んで虫歯になってしまうことがあります。

 

親知らずの利用

親知らずが正しい向きで生えていて、虫歯もない場合は、特に抜歯の必要はありません。それどころか、抜歯せず残した場合には、将来ほかの歯を失った時にブリッジに利用できたり、入れ歯を安定させるために使ったりすることもできます。また、失った歯の代わりに移植できる可能性もあります。

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp