製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因、症状と各階段の治療法

歯周病の原因、症状と各階段の治療法

歯は歯肉に支えられていると思われている方が多いかもしれませんが、実際はその下にある顎の骨に支えられています。歯周病はこの顎の骨が溶けてなくなっていく病気で、重度に進行すると歯がぐらぐらして、最後は抜歯に至ります。歯周病は歯ぐきが腫れたり、出血したりするため、歯ぐきの病気と思われがちですが、これらはひとつの症状に過ぎず、骨の病気であることを認識することが大切です。一部分の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病の最大の原因は、食べカスから作られる「歯垢」を栄養源とする細菌です。歯と歯の間に溜まった食べカスが歯垢を作り、細菌が育ちやすい口内環境を作ります。細菌の侵入が進んで歯肉や歯槽骨に炎症を起こし、細菌が増殖するとともに組織を侵す攻撃力を増して歯周病が進行していくのです。

 

歯周病の症状

1、軽度歯周炎:歯ぐきが腫れてきた、歯を磨いていると歯ぐきから血が出てきた歯と歯の間にすき間が出来てきた。2、中度歯周炎:歯ぐきは細くなり、歯が長くなったように見える。3、重度歯周炎:歯を指で押すと歯がグラグラと動く

 

比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTCによる汚れの除去、フッ素塗布による予防などを行います。 しかし、進行が重度の場合は、フラップ術やGTRメンブレン法などといった外科的手術が必要になるケースもあります。このような場合でも日々のメンテナンス、しっかりとしたプラークコントロールを行うことが再発を防ぐ絶対条件といえます。  

http://www.athenadental.jp/category-2025-b0-高圧蒸気滅菌器%28オートクレーブ%29.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp