製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の基礎治療と外科治療について

歯周病の基礎治療と外科治療について

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。

 

歯周病の治療方法

スケーリング&ルート・プレーニング

超音波スケーラーあるいは手用スケーラーとよばれる器具を使用して歯ぐきや歯周ポケット内からプラーク、付着物、歯石を除去します。歯周ポケットの中を清掃することで歯周病菌の活動を低下させ、歯周病の予防と進行抑制を図ります。

 

 

歯周外科治療歯周組織再生療法

歯ぐきを切って骨を出し、奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、溶かされてしまった骨を回復させる処置を行ったりします。

 

歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。
一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。特に歯周外科治療を行った場合には、定期的なメインテナンスを行わないと逆に歯周病が悪化するという研究報告もあります!十分注意して下さい。
 

http://www.athenadental.jp/category-2020-b0-家庭用・歯科用超音波スケーラー.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp