製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ブリッジの材質、長所と短所の紹介

歯科ブリッジの材質、長所と短所の紹介

.歯が抜けている両隣の歯を削って土台にして、歯が抜けた部分を補う治療方法です。両隣の歯に特殊な接着材で固定するので、入れ歯のようにグラつくことがなく、自然な噛み心地になります。また、外科手術を行うことがないので、両隣の歯が丈夫であれば、治療の負担が少なくなります。ちろゆを行う前には歯科レントゲンによる精密な検査は必要です。

 

ブリッジの材質

ブリッジの使う材料によっても、土台が虫歯になりやすくなったり、なりにくくなったりします。一般的に、ブリッジに使われる材料には、銀合金、金合金、プラチナ金合金、 金合金を内側に使ったセラミッククラウン、純金を内側に使ったGESクラウン、高強度セラミックを使ったジルコニアオールセラミッククラウンなど色々な材料があります 。

 

ブリッジの長所

自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める。
2入れ歯と比較すると、固定式なので違和感が少ない。
3見た目の仕上がりもほぼ自分の歯と同様になる。
4治療期間が短い。
512本の欠損であれば保険を使うことができる。


ブリッジの短所

周囲の歯を削らなければいけない.

歯のない部分の骨が次第にやせていくことがある.

土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジができない.

歯茎とブリッジの隙間に食べ物が溜まってしまうことがある.

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp