製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 入れ歯治療のあれこれの知識と情報

入れ歯治療のあれこれの知識と情報

歯を失った多くの場合、よく知られている治療法として義歯があります。一言で義歯といっても、歯を全て失った状態、多く失った状態、顎の状態や治療費によって義歯の種類は様々です。また現在は違和感が少なく、外れることが無く、しっかりと噛め、目立たない義歯が提供されています。天然の歯を失ったときの治療法としてはインプラント治療に勝る物はありませんが、インプラント手術が身体的な問題で行えない方や、手術に抵抗のある方、経済的にインプラント治療が難しい患者様には義歯による治療を行います。

 

ブリッジと入れ歯の違いについて

ブリッジとは抜いた歯の両隣の歯を少し削って型をとり金属かセラミックスなどの材料で修復するものです。お口に固定されるので、煩わしさが少ないです。また入れ歯のように取扱いも面倒ではありません。入れ歯は抜いた部分に人工の歯を入れるもので、残っている歯はほとんど削りませんし、取り外し可能です。抜けている歯が多い患者さまが選択するものです。概ね抜けている歯が少ない場合はブリッジ、多い場合は入れ歯を選択します。一部の入れ歯を清潔する時に超音波洗浄機を利用することができます。

 

部分入れ歯:

全部でなく何本かの歯を失ってしまった場合の入れ歯です。バネと人工の歯でできていて、支えになる自分の歯に取り付ける仕組みになっています。

総入れ歯:

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

 

毎日のお手入れ

毎日のお手入れは、入れ歯専用ブラシを使って水で洗い流します。眠るときは、洗った後に水の中に入れて保管します。清潔に保つために、水は毎日取り替えてください。そして、3日に一度は入れ歯専用の洗浄剤の溶液につけてお手入れしましょう。  洗浄剤で汚れを浮かし、その後、ブラシでこすって、流水で洗浄剤と汚れを洗い流します。熱湯や漂白剤につけるのは変色や変形のもとになるので避けてください。また、乾燥も変形のもとになるので、必ず水の中に入れて保管しましょう。

http://www.athenadental.jp/category-2021-b0-家庭用・歯科用超音波洗浄機(超音波クリーナー).html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp