製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯を失う最も大きな原因である歯周病について

歯を失う最も大きな原因である歯周病について

歯周病は、歯を支えている骨や歯肉が弱っていく病気です。歯周病は、30才以上の方の約80%がかかっているといわれている生活習慣病です。歯周病は、歯を失う最も大きな原因となっており、気づかないうちに徐々に進行します。歯肉からの出血や腫れ、進行すると歯ぐきから膿が出たり、ひどく傷んだりします。

 

さらに近年、歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことがわかってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が血液に入り込み、全身をめぐることで心筋梗塞や狭心症、糖尿病、肺炎などの全身疾患、または早産を引き起こす原因となることがあるのです。一部の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのが「プラークコントロール」です。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです。

 

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)は、歯周病の原因である歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを除去し、歯の表面をきれいにする処置です。歯周基本治療であるスケーリング・ルートプレーニングは、歯周病を改善させる上でとても重要な処置となります。

http://www.athenadental.jp/category-2025-b0-高圧蒸気滅菌器%28オートクレーブ%29.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp