製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周ポケット、 歯周病の症状及びPMTCの紹介

歯周ポケット、 歯周病の症状及びPMTCの紹介

歯周病とは、歯と歯を支える組織におけるさまざまな病気の総称です。歯と歯ぐきの間にたまった歯垢や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。

 

歯周ポケットについて

歯周ポケットとは、歯と歯肉の間に出来る溝のことで、健康な歯肉の場合は歯と歯肉がピッタリとくっついていますので歯周ポケットの深さはとても浅いのですが、歯周病になり歯肉が腫れると、歯肉が歯から離れていくため歯周ポケットが深くなるのが大きな特徴です。一部の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病の症状

歯ブラシ時に歯茎からの出血や歯茎の腫れは初期の症状です。歯周病はゆっくりと進行します。その為、患者様がその症状を自覚するには、非常に時間がかかります。お痛みが出たり、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりと自覚したときには、歯周病がかなり進行している場合がほとんどです。

 

PMTCで歯周病を予防しましょう

PMTCは、専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する行為をいいます。虫歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。

http://www.athenadental.jp/category-2025-b0-高圧蒸気滅菌器%28オートクレーブ%29.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp