製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯牙移植に関する情報

歯牙移植に関する情報

歯牙移植とは、不要な自分の歯を口腔内の他の部位に移植することをいいます。 不要な歯とは、例えば智歯や咬み合わせのない歯、転位した歯や矯正治療のため抜歯の対象となる歯などです。治療の時に専門な歯科用品による協力が欠かせません。

 

自家歯牙移植のメリットは、歯を支える組織である歯根や歯根膜も同時に移植できることです。この歯根膜を生かしたまま移植できる事が最大のポイントといえます。移植する歯の根に歯根膜が生きていれば再び歯槽骨に定着してしっかりと歯を固定し機能を回復します。歯根膜を同時に移植することより通常の歯の感覚を保つことが可能となり、またあごの骨に根付くことでインプラントのような人口の歯とは違い新たな骨が形成されます。

 

歯牙移植のデメリット

利用する歯は移植の際に抜歯し、同時にその歯を埋入する手術をするので、患者さんの負担が大きくなります。移植後は、安定するまでワイヤーなどで隣の歯に留めたり、糸で歯肉に留めるなどの固定が行われます。固定期間は通常2週間から1ヵ月程度です。 また、予後が不安定なので、インプラントのように確実性を保障することが難しくなります。

 

自家歯牙移植が無理な場合

血液が固まらないように抗凝血剤を内服されている方や骨粗しょう症の薬を服用されている方は適用外です。他に高血圧、糖尿病などの方も要注意ですので各種全身疾患をお持ちの方は、担当医とよくご相談ください。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp