製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングのタイプとホワイトニング直後にとってはいけない食事の紹介

ホワイトニングのタイプとホワイトニング直後にとってはいけない食事の紹介

ホワイトニングとは歯の脱色のことで、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。 歯のホワイトニングは、黄ばんだ歯のため、口をあけて笑えないといった悩みを解消します。

 

ホームホワイトニングは、歯科医師の指導のもと、自宅で行なうホワイトニング法です。

ホームホワイトニングの利点

1、色の後戻りが少なく、自然な色になりやすい。2、強い薬剤を使わないので、不快症状が出にくい。3、主に自宅で行うので、何度も通院する必要がない。4、高額な機器を使わないため、治療費が比較的安く済む。5、白くなりにくい歯でも、長く続けることで白くできる可能性がある

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、 自宅で行うホームホワイトニングと同じく、歯を漂白して白くする方法です。歯科で行う漂白の場合、自宅で行うホワイトニングよりも、より濃度の高い薬剤を使用し、光による化学反応で効果を促進するため、早く白くすることができます。ホワイトニングの前にはシェードガイドで歯の色をチェックすることが必要です。

 

ホワイトニング直後にとってはいけない食事

色の濃い食事
見た目に色の濃い、カレーや、黒豆、その他色が濃いもの全般はやめましょう

お茶、コーヒーなど
このほかにも色の濃い飲み物も厳禁です

ポリフェノールを多く含む食品
代表格は赤ワイン。その他にも、しょうゆ、大豆、納豆なども要注意

着色料を利用した食品

着色料を利用した食品全般ですね

http://www.athenadental.jp/category-2114-b0-シェードガイド.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp