製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因と各階段の治療法

歯周病の原因と各階段の治療法

歯周病は、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。昔は歯槽膿漏と呼ばれることが多かったのですが、今では歯周病という呼び方が一般的になっています。若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。日本は歯周病大国と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています

 

歯周病の原因

歯周病原性細菌による感染に以下の全身的要因や環境的要因が組み合わさって発症するといわれています。遺伝的要因。2免疫力の低下。3糖尿病。4喫煙 ストレス。6歯ぎしり、くいしばり。7妊娠や思春期のホルモンバランスの乱れ。8不規則な生活

 

歯周病の治療は、比較的軽い歯周病であれば、歯石除去PMTCなどの歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますしかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料が使われることがあります。一部の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病は若い人でもなりますか?

一般には中高年に発症することが多いのですが、30代前後でも80%の方が発症しており、初期症状においては10代の若年齢層からにおいても50%もの方にも見受けられます。若いうちから歯周病予防を考えるのは決して早すぎる事ではありません。

http://www.athenadental.jp/category-2025-b0-高圧蒸気滅菌器%28オートクレーブ%29.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp