製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 難しい根管治療の詳しい情報

難しい根管治療の詳しい情報

歯の神経を取り除く治療になります。細かい根の中をヤスリ状の器具等で、掃除していく治療になります。 常に見えている歯冠部を家の外装だとすると根の治療は家の基礎にあたる柱になりますのですごく重要です。

 

根管治療の流れ

1、レントゲン撮影を行い、神経があるところに細菌が入って炎症を起こしているのか、神経がないところに炎症が起きているのかを判断します。2、歯の内面の感染した部分を取り出し、殺菌します。3、炎症が起こっている根管の先まで薬を詰め、細菌が入らないようにフタをします。4、根管治療後の歯は、症例によって詰め物あるいは被せ物を取り付けます。

 

根管治療は簡単ではない

根管の中の形状は、人それぞれの一本一本の歯によってまったく異なった形態でできています。曲がっていたり、枝分かれしていたり、とても複雑な構造になっているため、肉眼では到底確認することはできません。根管の形が複雑であるほど、治療の難易度も上がります。

 

治療後のメンテナンス

根管治療をしたからといって、油断してメンテナンスを怠ってはいけません。せっかく根管治療をしても、歯周病などの病気になっては治療した意味がなくなってしまいます。また、再度根管治療の成功率は更に下がります。根管治療後の歯を長持ちさせるためには、メンテナンスが重要。根管治療後も歯周病予防をきちんと行いましょう。

 

 http://www.athenadental.jp/category-2027-b0-根管治療.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp