製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > レーザーの歯科応用の知識

レーザーの歯科応用の知識

顎関節症

口を大きく開けると痛い、口を大きく開けられないといった症状はアゴの関節に原因があります。レーザーをアゴの関節に照射することによって、アゴの痛みなどの症状を軽減することができます。

 

歯根治療

根の治療を経験している方は非常に多いと思いますが、時間と回数が沢山かかることがあります。歯の中を器具と薬剤を使ってきれいにする治療ですが、レーザーの殺菌効果を併用することにより、時間と回数が軽減する可能性が高くなります。レーザー治療の時に専門な歯科用品による協力が必要です。

 

知覚過敏

水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

 

口内炎

以前は塗り薬で治していた、さわると痛い口内炎。パワーを低く抑えた炭酸ガスレーザーを照射すると、あてた瞬間から痛みがなくなり、早く治すことが可能です。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp