製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 悪い噛み合わせの原因

悪い噛み合わせの原因

 噛み合わせで悪い状態にある人は、噛みにくいので、反対側の歯と顎を使って噛んでしまうのです。

 

それにより悪くない方の顎が異常発達する結果となるのです。

 

その結果、顎が異常発達した側の半身が特に過緊張状態になり、身体のバランスを崩す原因になるわけなのです。

 

噛み合わせに問題があると体に様々な悪い影響をもたらすのです。

 

デコボコの歯並びだったり、かみ合わせが反対だったりすると、気になって口を押さえてしゃべったり笑ったりする方がいらっしゃるのです。

 

噛み合わせの悪い場合の原因はいろいろと考えられるようですが、最も影響を受けやすいのが、歯並びが悪いことに尽きるのです。

 

他にも抜く必要性のある親知らずを抜いていない、柔らかい食べ物ばかりを好んで食べているなどの理由からいつの間にか噛み合わせが悪くなるということもあるようです。

 

歯並びやかみ合わせが悪いと、上下の歯のかみ合っている場所は当然少なくなるようですから、物をかみ砕く効率は悪い状態なのです。

 

矯正治療外科用インスツルメントによりかみ合わせを治療することは、当然この咀しゃく機能の向上につながり胃腸への負担を軽減すると言われているのです。

 

http://www.athenadental.jp/category-2059-b0-外科用インスツルメント.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp