製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 初期に症状が殆どない歯周病の怖いところ

初期に症状が殆どない歯周病の怖いところ

40歳以上の日本人では約80%が歯周病にかかっていると言われています。しかし、歯周病は悪化するまで痛みを伴わないので、ほとんどの人たちは全く気にせずに生活しており、気ずいた頃には病気がかなり進行しているのが現状です。

 

最大の原因は、プラークが口の中で繁殖することで引き起こされます。プラークの正体は細菌の塊で、この細菌の塊が出す毒素が、歯周病の発生と進行に大きく関わってきます。しかもプラークは、歯の至るところに発生する為、歯磨きなど通常のブラッシングでは完全に取り除きにくいため、知らず知らずのうちに歯周病が進行しているケースがほとんどです。

 

最近、この糖尿病と歯周病の関連が明白になってきました。複雑なメカニズムは別の機会にと思いますが、糖尿病と歯周病はお互いに悪化させあう、まさに表裏一体の病気であることが分かってきました。糖尿病の他にも歯周病と心臓病、脳血流障害、最近ではガンとの関連性も指摘されています。

 

スケーリングについて

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。

http://www.athenadental.jp/category-2020-b0-家庭用・歯科用超音波スケーラー.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp