製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 悪い歯並びの危害と矯正方法の情報

悪い歯並びの危害と矯正方法の情報

悪い歯並びの危害

1、食べ物がうまく噛めない。2、言葉が明瞭でなくなる3、歯周病になりやすくなる

4、歯周病の進行を早めることがある。5、顎の関節に負担をかける。6.子供の不正咬合は、重度の不正咬合の原因となる。それらのドラブルを防ぐため、矯正治療が必要となります。今度は矯正方式について説明します。

 

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。ブラケットやワイヤーが目立つという欠点はありますが、十分な実績があるので安心感が高く、矯正期間が比較的短いという利点があります。矯正治療は専門な歯科用品による協力が欠かせません。

 

舌側矯正

歯を動かすブラケットやワイヤーが歯の裏側に付くので、表側からは矯正をしていることがほとんど分かりません。最も目立たない方法ですが、デメリットとして歯の裏側に装置があるため、舌が装置を触り、違和感が強く、治療期間が多少長くなる場合があります。また適用症例が限られます。

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、薄い透明のプラスティクでできているため、装着してもほとんどわかりません。 矯正治療中であっても口元の見た目を気にせず笑顔を見せることができます。 相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp