製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 不正咬合を招く原因は何ですか?

不正咬合を招く原因は何ですか?

生活習慣

食生活が変わって軟らかい食べ物を食べることが増えた今日、ものを咬む回数は明らかに減っており、歯が生えそろうのに十分な大きさまで顎が育たない子供が増えています。それによって、歯がでこぼこに生える叢生を招くことがあります。

 

虫歯

乳歯が虫歯になって抜けてしまった場合、抜けた乳歯の後方の歯は徐々に前方に移動していきます。歯は、スペースがあればそちらに移動していくのです。そのため、抜けた乳歯の位置に生える予定だった永久歯は、後方から移動してきた歯によって空隙が足りなくなり、デコボコになってしまいます。虫歯の治療は専門な歯科機器が必要です。一部の歯科機器は定期に超音波洗浄機による清潔が必要です。

 

口呼吸

口呼吸をすると舌の位置が下前方に位置するようになります。すると、上あごの発育が阻害され、下の歯列が大きくなって、受け口あるいは顎偏位といって左右にずれる状態になりやすくなります。逆に出っ歯の傾向を強くする場合もあったり、開咬といって、前歯がかみ合わない状態を作り出すこともあります。

 

歯幅径の過大

歯の幅径は最近変化が目立つ要素の一つになっています。 特に前から1番目、3番目、4番目6番目(第1大臼歯)は大きくなっており、反対に2番目、5番目、7番目は小さくなる傾向がありますが、全体を差し引きすると大きくなっています。(大きくなる歯の総幅径の増大が小さくなる総幅径を上回っているため) そのため歯の乱れが増加する。

http://www.athenadental.jp/category-2021-b0-家庭用・歯科用超音波洗浄機(超音波クリーナー).html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp