製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 女性の更年期と歯周病の関係

女性の更年期と歯周病の関係

 女性はたぶん35歳以降更年期に入ります。

更年期の時期に女性はどんな変化がありますか。心身両方とも変わるでしょう。

では、ここで更年期が歯科に与える影響を紹介いたします。 

更年期とは,閉経後体の様々な機能の調整機能を司るホルモンのバランスが変化する事で起こります.このため,体のあちこちが不安定になります.

歯肉も例外ではなく,細菌の毒性に弱い対質になり,歯周炎を容易に発生しやすい環境になります.

また,更年期では,唾液の生産される量や歯をさせる歯槽骨も減少しています.

唾液には,細菌と戦う免疫物質が多く含まれており,唾液の減少によっても歯周病になりやすい環境になるのです.

歯を支えている歯槽骨が減少する事によって,歯周病菌の毒素により歯槽骨も吸収しやすくなります.歯槽骨が吸収する事で,歯歯ぐらぐらになり,最終的には歯が抜け落ちてしまいます.

更年期になってから,慌てて歯科機器治療をするのではなく,若いうちから定期的な歯の管理を行い,歯周病になりにくい環境を作ることが重要です.

 

http://www.zetadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp