製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 裏側矯正(舌側矯正)に関する知識

裏側矯正(舌側矯正)に関する知識

 歯の裏側から装着する"見えない"矯正装置です。舌側矯正または裏側矯正ともいいます。矯正装置が歯の表側にまったく現れませんので、誰にも気づかれずに矯正ができ、多くの人と接する機会が多い営業職や接客業の方に最適です。矯正の前には歯科レントゲン(歯科通販)による精密な矯正が欠かせんません。

 

虫歯になりにくい

表側矯正では、歯に矯正装置を付けると装着部分がうまく歯磨きができずに虫歯になることがあります。 ところが、歯の裏側は歯の表面の一番かたい層であるエナメル質が表側より3倍も厚く、そのため細菌の出す酸に強いのです。このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。

 

打撲による外傷が少ない。

 歯の表側に装置をつけると、顔をぶつけたりすると口唇や頬粘膜が傷ついてしまいますが、裏側につけた場合は、傷つく可能性は小さくなります。

 

裏側矯正(舌側矯正)は、患者様一人ひとりに合わせたオーダーメイドの装置が必要になります。特殊な技術が必要であり、作業が複雑で手間もかかるため、表側の矯正治療に比べると費用が高くなります。

http://www.athenadental.jp

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp