製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科治療を行う時によくある問い

歯科治療を行う時によくある問い

歯並びが悪いとどんな影響がありますか?

歯磨きが難しいので、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。それは、早くに歯を失うことにもつながります。 他に、うまく発音ができない、十分な咀嚼ができず、消化器官に負荷がかかる、あごの発達不全により、顔や体が歪む、対人コンプレックスなどが考えられます。

 

歯周病の原因は何ですか?

歯周病の原因は歯垢です。家庭での適切な歯磨きと、定期的な歯科受診をしなければ、歯周病の危険性は高まります。歯周病の進行を早める危険因子としては、歯ぎしり、糖尿病などの全身の病気、喫煙、ストレス、遺伝、ホルモンの変化、栄養不足などがあります。歯周病を治療するには専門な歯科機械を用います。一部の歯科機械も超音波洗浄機による清潔が必要です。

 

どうして乳歯を治療しなければいけないのですか?

ごく小さいカリエスならほとんど影響はありませんが、神経にまで達するのものであると、交換の時期が早くなったり、遅れたり、永久歯の生えてくる位置にまで影響を及ぼすことがあります。

 

大人の場合でも矯正することはできますか?

できます。ただし、永久歯が生えそろうと、歯列を整えるだけになるので、治療方法は限られます。場合によっては、抜歯することもあります。早い段階で始めたほうが、治療方法の幅も広がります。

http://www.athenadental.jp/category-2021-b0-家庭用・歯科用超音波洗浄機(超音波クリーナー).html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp