製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > それも歯周病にかかる原因?

それも歯周病にかかる原因?

 

被せ物

詰め物や被せ物は、ほとんどの場合、最初は噛み合わせが高く作られてきて、それをお口の中で、高さを合わせて入れます。ところが、詰め物や被せ物をほんの少しでも、噛み合わせが高いまま入れてしまうと、その歯や噛み合わせ側の歯が刺激を受けて、歯周病・歯槽膿漏に近い状態になる場合があります。

 

入れ歯

部分入れ歯はしっかりと固定できるように「クラスプ」と呼ばれるバネがついています。このバネの部分にプラークがたまりやすくなります。またプラスチックの入れ歯は水分を吸収しやすく、さらに柔らかいため細かい傷もできやすくなっています。そのため、プラークが付着しやすく、しかも清掃しても取れにくくなります。それは歯周病にかかるリクスを高めます。

 

遺伝

歯周病は歯周病菌による感染症です。遺伝的な原因が全くないわけではないのですが、高血圧や、アルツハイマー病、ガンなどに比べると遺伝が関与する要因は低いと考えられています。しかし、親が重度の歯周病だった場合は、子供も重度の歯周病になりやすいのは事実です。これは遺伝的な要素よりも、家族間では生活習慣や嗜好、歯磨きが上手にできるかどうかなどが似通っていることが多いことが大きな原因と思われます。歯周病にならないように、歯面清掃用ハンドピーススリーウェイシリンジなどの歯科器材で定期に歯を清潔しましょう。

 

 

糖尿病

糖尿病の方は健康な方に比べ、歯周病にかかる確率が2倍以上高く、重症化しやすいのです。また、反対に、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化しやすくなります。歯周病が進行すると、歯周病菌から出される内毒素のTNF-αという物質が分泌されます。そして、血管中のTNF-αが増加するとインスリンの働きが低下するため、血糖値が上昇してしまい糖尿病の悪化へと繋がります。

 

http://www.athenadental.jp/category-2023-b0-歯面清掃用ハンドピース.html

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp