製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 入れ歯についての詳しい紹介

入れ歯についての詳しい紹介

入れ歯とは、虫歯や歯周病などの原因で複数の歯を失ってしまった場合に、歯の無いところを補う取り外しタイプの装置のことです。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯と部分入れ歯とがあります。また、使用する材料質により、金属入れ歯とプラスチックの入れ歯とがあります。

 

入れ歯を入れる目的は、失われた機能の回復と口の中を安定した状態に保つことにあります。歯が無くなると咬みにくくなりますが、特に奥歯を何本か失うと、かなり咬む力が落ちます。入れ歯歯科器材は咬む力を補い、食べ物をうまく消化できるように助ける役割があります。また、前歯が無くなると見た目が悪くなると共に、上手に発音ができなくなります。入れ歯は見た目の改善や、発音を助ける役割も、になっているのです。

 

いい入れ歯をつくる条件について

1.上下の歯の噛み合わせが調和している

2.入れ歯が吸着して動かない

3.右か左で噛んだとき反対側に噛んだ力が伝わらない

4.1日中入れていても気にならない

 

入れ歯によるドラブルの紹介

入れ歯のデメリットは、入れ歯を支えるのが歯肉ですから、その歯肉が痩せ衰えていると、硬いものが食べられなくなります。また、入れ歯は人工の歯や歯茎ですので、入れ歯そのものは虫歯になる事はありませんが、隣の歯が虫歯になる可能性が高いという難点があります。入れ歯を長期に使っている方は 口腔内カメラ による定期検診を勧めます。)

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp