製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口呼吸は口腔の健康を脅かす

口呼吸は口腔の健康を脅かす

口臭

口呼吸による口臭とは、口で呼吸していると口の中が乾燥し、唾液による口腔内の洗浄効果が行き届かなくなるので細菌の増殖を許してしまい口臭がきつくなります。ですから、鼻で正しく呼吸するように心掛けることによって口臭の予防にもなります。また鼻に疾患が有る場合は、耳鼻科での治療を受け呼吸をスムーズに行えるようにすることも口臭対策になるといえるでしょう。

 

歯周病と虫歯 

口呼吸が歯周病に悪いというのは、口が乾燥しがちになるからです!口を開いていることによって、歯と歯茎の周囲が乾燥し、歯周病菌が粘度を持つことで歯にへばりつこうとするのです。歯周病菌はじめ口の中の細菌は、嫌気性菌とよばれ乾いた環境で繁殖しやすいため、口呼吸が歯周病や虫歯を進行させる原因になるのです。(そのため、口呼吸の人は口腔内カメラによる定期検診は必要です。)

 

歯並び

口呼吸をする事で歯並びが悪くなります。大人になってからはそこまで変化しませんが、子供の時点で口呼吸だと歯並びが悪くなりやすいです。口呼吸をするために口が開いたままになると、下顎を支えるための筋肉を使わなくなるため、筋肉が成長しません。それにより顎が弱くなったり、狭くなってしまうのです。また、同時に上顎も成長しなくなるので上あごの歯並びも悪くなりやすいです。(歯並びの矯正は専門な歯科器材が必要です。)

 

口内炎

鼻が悪くて、特に睡眠中に口呼吸をしている人は口内炎の原因になりやすいそうです。これは、口呼吸をしていると、口の中が乾燥して、ばい菌が発生しやすくなるためです。普段、口を自然と開けてしまう人は、意識して鼻呼吸をしましょう。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp