製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科レントゲン検診も骨粗しょう症を発見

歯科レントゲン検診も骨粗しょう症を発見

 

歯科医師の場合、殆ど歯科レントゲンをいつでも利用できます。そして、そのレントゲン検診より、骨粗しょう症を発見できます。


これは歯科レントゲンで顎全体が見えるからです。そして、骨質の密度が下がると発見でき、これは骨粗しょう症の早期病症です。


臨床資料から見ると、体質の弱い人や、白人、栄養不足および女性には骨粗しょう症の罹患率が高いです。骨折りも容易くなってしまいます。ですから、歯科レントゲンをする際に付随的に骨質を見るのも悪くないでしょう。

 

歯科用X線診断照射撮影装置JYF-10B 壁固定型

歯科用X線診断照射撮影装置JYF-10B 壁固定型

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp