製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 入れ歯の類型の紹介

入れ歯の類型の紹介

1.総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

 

2.部分入れ歯

部分入れ歯とは失ってしまった歯の代わりにする、部分的な入れ歯のことです。入れ歯のことを義歯ともいいます。部分入れ歯は、1本用だったり2本用だったり、右と左を別々に作るのではなく同時に作る場合もあります。部分入れ歯といっても種類は多く、保険を使って製作する場合と全額負担でで製作する場合とでは、付け心地も料金も大幅に違います。

 

3.レジン床義歯

レジン床義歯歯科器材とは、プラスチックでできた義歯床のことで、主に保険適用の入れ歯に使われます。 プラスチックで出来ているため付け心地は快適とは言い辛く違和感が強いと感じる方が多い素材です。 熱伝導質が悪く、味が判りづらいというデメリットもありますが、 その分治療費が安く、熱にも強いため煮沸消毒が可能であることが特徴的です。(入れ歯を長時間に着すると口腔のドラブルを起こす恐れがあります。そのため、口腔内カメラによる定期検診は必要です。)

 

4.金属床義歯

金属床義歯とは、床が金属で出来ている入れ歯です。床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりも異物感が少ない総入れ歯を作れる可能性が高くなります。ただし、金属床義歯は修理が難しいため専門性の高い歯科医療となります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp