製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 各種類の入れ歯の紹介

各種類の入れ歯の紹介

ミニインプラント義歯

高齢者に優しい、義歯安定装置を応用した義歯です。インプラントヘッドが、ボール状になっており、義歯の内面のボールアタッチメントの双方が、ちょうどホックで止めるように、義歯を安定させます。手術後、直ちに使用出来、取り扱いも簡単で、硬い食べ物やひっつく食べ物に対しても義歯の安定性が優れ、自分の歯で噛んでいる感覚が得られます。

 

コーヌスクローネ義歯

歯に対する健康、審美意識の最も高い欧米で、外科手術を要しない高度精密の義歯の中で、最も安全で信頼の高い義歯がコーヌスクローネ義歯です。ヨーロッパ特にドイツでの半世紀以上にわたる基礎的研究と数多い臨床実績があり、複雑な顎口腔系での手術のない義歯修復治療としては、現在で最も評価の高い治療法です。

 

マグネット式義歯

義歯におけるマグネット式義歯とは、入れ歯を固定するため に、小型磁石を利用した義歯のことを言います。普通の義歯と比べると、見た目、快適性などが見違えるように変わります。まるで、義歯など使用しているとは思われずに、とても素敵な笑顔になり、数年は若返るようになるかもしれません

 

金属床義歯

普通、入れ歯歯科器材のピンク色の部分は、レジンというプラスチックでできていますが、 金属床とはそのレジンの多くの部分が金属に取って代わる入れ歯です。使用される金属はコバルトクロムであったり、チタンであったりする。当然プラスチックよりも丈夫にできており、 薄くすることができるため違和感が少ない。しかし丈夫があるがゆえに、 いざ合わなくなってきたり、壊れた修理がしにくいのが欠点です。(義歯を使う時にドラブルを起こす恐れがあります。その原因で口腔内カメラのような歯科機器による定期検診は必要です。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp