製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病にかかりやすい悪習慣

歯周病にかかりやすい悪習慣

 

歯周炎と言うのは歯肉や歯周組織にある慢性炎症のことです。歯周袋の形成と炎症になること、歯槽骨吸収、歯が緩くなること、それらは歯周病の主な病症となります。そして、大人にとって、歯を失ってしまうことには、歯周病が一番の原因です。では、どんな悪習慣で歯周病にかかりやすいでしょうか。


1、偏側咀嚼習慣

偏側で食べ物を噛む習慣は誰でも少しあるはずですが、若しその習慣が重い場合、一側完全に廃置されましたら、歯垢と歯石の積み重ねることが容易くなります。また、いつも使っている側も大変損耗になりやすくて、両側も歯周病にかかりやすくなります。


2、偏食習慣

蛋白質、ビタミンACDの摂取量が足りない時、歯周病になりやすいです。


3、夜間の歯軋り

歯の損耗を与えるし、歯周組織に負担をさせるし、歯周病にかかりやすいです。


4、喫煙

実に喫煙の習慣は全身の骨にも影響しています。歯槽骨吸収も歯周病の病変の一つの過程です。

 

また、最後に、多くの大人たちには、お茶を好み、喫煙者も多いので、これらの人にとって、半年ぐらい、歯科院で検診を受けたり、超音波スケーラーで歯のクリーニングをしたり方が歯の保護と白さに役立てます。

 

口腔内カメラ EZGO 2.5インチLCD

口腔内カメラ EZGO 2.5インチLCD

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp