製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 治療を行わないと、虫歯も蜂窩織炎に

治療を行わないと、虫歯も蜂窩織炎に

 

熱い物、冷たい物を口に入れると痛みが出てくるという症状では、良く普通の人々に知覚過敏の歯だと考えられます。そして、敏感性を抑えるために、脱敏の歯磨き粉等を使うようになります。若し、本当に知覚過敏の歯であればいいのですが、その症状は虫歯の初期症状と同じなので、もし本当に虫歯であれば、厳重な場合、蜂窩織炎(蜂巣炎、フレグモーネとも言う)にもなれます。

 

ある患者さんの例もあります。自分の歯がちょっと痛みが出て、患者さん自分は知覚過敏の歯だと思って、診察も無しに、たった脱敏歯磨きを使い始めました。アンラッキーのは、虫歯の初期症状に、脱敏歯磨きには効果もありますので、結局、半年ぐらい、ひどくなりました。蜂窩織炎で、顔の腫れのスビードがかなり速くて、目が隙間しか見えません。腫れの部分はパンチのような大きさをもっていました。また、圧迫の原因で、鼻血も出ていました。その時、初めて検査を受けて、最もの病因は歯の内部の虫歯でした。

 

ですから、歯が微量な痛みがあったら、決して油断できません。内部の虫歯は目で見えないため、知覚過敏の歯に勘違ってしまいやすいです。若し、早ければ、歯科レントゲンを行うと、早めに診療ができますので、定期的な歯科診察が必要となっています。

 

SINOL®歯科用高速タービ/ハンドピースADT(3点注水スプレー) トルクヘッド プッシュボタン式

SINOL®歯科用高速タービ/ハンドピースADT(3点注水スプレー) トルクヘッド プッシュボタン式

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp