製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ずっと治らない口内炎

ずっと治らない口内炎

 

偏食、ストレスと睡眠不足、また咬合不正、歯ブラシなどから口腔粘膜に与える刺激と損傷、或いは唾液不足、口腔内の不衛生等、口内炎の原因はいっぱいあります。

 

歯科、皮膚科でいろいろな治療する方法と薬がありますが、治っては出来て、治っては出来て、こういう時は治らない口内炎になってしまいます。

治らない口内炎になったら、注意しなければなりませんよ。

 

2週間以上も口内炎がまだ治らない場合、他の病気の前兆や、併発の可能性もあります。口内炎の他に、便密、下痢、熱などの症状があれば、口腔癌の疑いがあります。多数の小さいところに口内炎があり、治療してもまた同じところで口内炎が出てきて、この時、悪性リンパ癌、白血病の可能性があります。他にベーチェットのようなやばい病の可能性もあります。

 

疲れや栄養不足、簡単な原因での口内炎を簡単に解決できますが、繰り返して、治せない場合、重い病気が隠れている可能性もありますので、病院で診察を受ける方がいいと思います。

 

SKL®超音波スケーラーK7

SKL®超音波スケーラーK7

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp