製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治療はたったの抜髄ですか

根管治療はたったの抜髄ですか

 

いつも人に言われている抜髄は、即ち根管治療のことを指しています。でも、歯の横断面の図を見れば分かります。根管には神経だけでなく、他の軟部組織や血管等もあります。また、完全な根管治療に前期のレントゲン診断、後期の充填や再診察等のスッテプもありますから、単なる抜髄を根管治療にという言い方は違うと思います。

 

神経を抜くとこで、治療中かなり痛みますから、一般的に麻酔薬を注射しなければいけません。麻酔も局部の麻酔で、治療中まだ痛みを感じ出来るのも避けられないことです。かた、急性炎症のある場合、根管ない注射の時もあります。その注射の本来も痛みますが、一時の我慢はそれからの痛みと比べると、逆によいのではないでしょうか。

 

また、治療のあと、続きの診察も重要です。根管内は完全に洗浄されましたかとか、きちんと注意しなければいけません。

 

歯科医療用X線フィルム自動現像機(加熱機能搭載)

歯科医療用X線フィルム自動現像機(加熱機能搭載)

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp