製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科恐怖症を克服

歯科恐怖症を克服

歯科恐怖症というのは、歯科治療に怖がって、こういう人はかなりいます。他の心理障害と同じで、最初の誘因があったはずです。例えば、初めて歯科治療を受ける時、病院の環境が悪く、医師の態度が固いとか。また、抜歯ルートエレベーターなどに麻酔の効果が良くないこと、歯を研

磨する時間が長すぎる等。

治療を進めないと大きな問題になる可能性がありますので、下記にいくつかの解決法を提出してみたいと思います。

 

まずは全身麻酔、寝ている間に治療が終わります。医師法によって、歯科医師に全身麻酔を行うことができるので、どうぞご安心ください。

そしては、無痛治療です。粉を高圧で歯に吹きつけ虫歯を削る「エアーアブレーション」や、レーザー照射によって虫歯を蒸発する「レーザー治療」などが用いられます。または笑気吸入です。治療によって、ストレスや負荷が加わることで起こる、急性症状を未然に防ぐために、精神鎮静薬で精神と肉体の安静を保ちます。笑気吸入鎮静法の特徴は、呼吸・循環・反射機能を抑えることなく、精神的ストレスから解放するということ。全身麻酔と違って、意識を失うことなく、リラックスした気分で治療を受けられるのです。そのため、体への負担も少なく、治療中に体調に異変が起こった場合でも、医師にすぐに伝えることができます。

 

でも、どんな手段を使っても、最も重要なのは医師さんとのコンミュニケーションです。治療の前には必ず、歯科医との相談の時間を設けたり、インフォームドコンセントを確認すると良いでしょう。それによって、治療への恐怖心をなくし、さらに安心感を得ることができます。また、医師さんへの信頼感も重要ですよ。

 

マラソン-マイクロ・モーター(N7S)S04 Z005

マラソン-マイクロ・モーター(N7S)S04 Z005

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp