製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯のホワイトニングの歴史

歯のホワイトニングの歴史

実に、歯のcというのは、新興技術ではありません。遡ると、1877年に歯のホワイトニングという概念もありました。

 

1970年代におけると、テトラサイクリン歯のフッ素症を治療し、治せたケースが多くなりました。これで、だんだん歯のホワイトニングの標準治療法が出てきました。その時、だいたいは歯科病院で高濃度の漂白薬剤でホワイトニングを行うということでした。そして、1990年代に入ると、お宅でホームホワイトニングがだんだん人気になりました。漂白効果を持っている薬剤を歯の被る物に入れて、このまま毎日4~8時間被っています。4~6週間は治療期間です。

 

また、近年では、LED等のホワイトニング機器を使って、ホワイトニングを行うのは主役になりました。

 

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B(i)

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B(i)

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp