製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治療とレントゲン撮影

根管治療とレントゲン撮影

歯科治療は大体根管治療に基づいてくる治療です。つまり、多くの歯科治療はまず根管治療をして後で、他の治療を行うわけです。実に、根管治療は最も複雑な治療法です。根管治療を行う際に、よくレントゲン撮影が必要となります。

 

根管治療には、歯の内部の歯神経、根管の滅菌、充填のことをします。最後は、クラウンの充填になります。複雑ですが、抜歯になりたくなければ、根管治療をすべきです。でも、根管治療の際に、よくレントゲン撮影をしますが、どうしてそういう必要がありますか。

 

実に、これは診断を治療が順調に行けるために写真を撮るのです。一般的に三回の撮影になります。

 

一回目は歯の病の程度を確認するためです。これで、治療の必要があるかどうかが分かります。

 

二回目は根管の長さを確認するためです。根管の回路が複雑なので、たった根管長測定器で解決できないこともありますから。

 

三回目は治療の効果を確認するためです。充填などはきちんとされましたかを判断できます。

 

ですから、根管治療で何回のレントゲン撮影をしても当然で、逆くに規範だというべきだと思います。

 

電気的歯髄診断器YS-DT-A

電気的歯髄診断器YS-DT-A


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp