製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科医療事故防止のために

歯科医療事故防止のために

歯科病院で歯科治療を受ける患者は、実に心臓病があり、途中で緊張のため、突然心停止になり倒れられました。また歯科医師は状況があまり分からないため、救急が遅れて、その患者さんが不幸になくなりました。こう言う報道がありました。

 

突然の心停止を起こした方の救命率は、1分遅れるたびに約10%の割合で低下し ます。119番通報から救急隊が到着するまでの間、適切な処置ができれば救命率は向上します。ですから、今の歯科医院に生体情報モニタも必要となりました。

 

これで、手術の時、患者さんの血圧、心電図、酸素飽和度が明に見えます。歯科治療中の患者さんの状態を把握しやすく、 医療事故の防止に役立ちます。

 

マルチパラメータモニタ--- CMS6000B(無呼吸アラーム搭載)

マルチパラメータモニタ--- CMS6000B(無呼吸アラーム搭載)


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp