製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯と歯周病も口臭をもたらす

虫歯と歯周病も口臭をもたらす

歯周病は、毎日の歯のお手入れが悪いと、歯と歯の間に歯石が残ってしまい細菌の出す毒素や酵素などの影響で歯肉に炎症が起きることです。歯周病になると、歯ブラシが触れただけでも出血するようになり、歯がぐらぐら動くようになります。軽度の歯周病では口臭は気になりませんが、重度になると強い口臭が発生します。口臭ばかりでなく歯周病が悪化すると全身の病気を引き起こすかもしれない。だから歯周病の原因の口臭を予防するため、命のため、定期に超音波スケーラーで歯石を除去しましょう!


虫歯は表面がくぼんだり、穴が開いたりします。そこに食べ物のカスが溜まるのは、ほとんどの人が経験した事のある状態でしょう。いくら歯ブラシでしっかりとこすっても、そういった所に溜まったカスを完璧に取り除くのは至難のワザです。結果として残ったカスが発酵し、口臭の原因となってしまうのです。さらに事態が悪化すると、歯茎に膿が溜まり、腐敗臭が口から発せられるようになります。そうなると、自分でも口臭を自覚してしまうほどの強烈な臭いとなります。

 

歯周病による口臭を防ぐには、口の中を常に清潔に保ち、歯垢を溜めないようにすることが最も重要なポイントです。虫歯が原因で起こる口臭は、虫歯をなくさないことには解決できません。おっくうかもしれませんが、虫歯は歯医者にいき、適切に処理してもらうこと以外に治療の方法がありません。最近では麻酔を使った治療など、痛くない治療方法も開発されていますので、虫歯がある方は早々に歯医者に行き、口臭を予防するように努めていきましょう!

 

上記以外に虫歯歯周病による口臭を消去する方法がありますか?もちろんありますよ。もし今ではあなたは治療を受ける時間がなければ、ガムを勧めます。最近ではいろんな種類のミント味やキシリトールが入ったもの、たくさんの種類のガムが売られていますよね。ガムの効果としてはまず、ガムの味香りが口臭のいやな臭いを隠してくれることになります。ガムを噛むことで口を動かすことになり、唾液が分泌されます。これにより、口内の細菌の繁殖を抑え口臭を暫く抑えることができます。でも口臭を完治したいなら口腔内カメラによる検査や超音波スケーラーによる口腔清潔は欠かせないことです。

口腔内カメラM-868 8インチLCD

口腔内カメラM-868 8インチLCD

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp