製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯を白くする方法

歯を白くする方法

歯を白くするには、歯の表面の着色を落として白くする方法(クリーニング)、歯の内部の着色を化学的に分解し、明るさを上げて白くする方法(ホワイトニング)、元の歯の色を白い色で隠す(マスキングする)方法(マニキュア、セラミック)等があります。この知恵ノートでは歯を白くする方法を挙げておきますので、自分に合った方法を見つけてください。上からかかる費用が安い順になっていますが、効果も弱くなります。

 

1、歯磨きで白くする

歯の表面の汚れだけなら、ドラッグストアなどで販売されている市販のホワイトニング用の歯磨きやホワイトニングジェルだけでもある程度白くすることができます。ただ費用は安くすみますが、効果は限定的です。

最近はポリリン酸ナトリウムなど化学的に色素を分解するタイプの歯磨きが人気です。

 

2、クリーニングで白くする

タバコ、コーヒーや赤ワイン、カレーなどの着色性の食品を摂ると歯に着色してきます。歯の表面に付いた色素で黄色くなっている場合は、クリーニングで白くすることができます。クリーニングはほとんどの歯科医院で受けることができます。超音波スケーラー等でクリーニングします。ただし元の歯の色に戻すだけで、元の歯の色以上に白くすることはできません。

 

3、ホワイトニングで白くする

クリーニングで元の歯の色に戻した後に、さらに白くしたい場合に行います。ホワイトニングは歯の明度(明るさ)を上げて白くする方法ですので、自然な感じで白くすることができます。ただし歯の色が極端に濃い場合や、抗生物質で変色した場合など、ホワイトニング装置で白くならない場合があります。

ホワイトニングは大きく分けて審美歯科やホワイトニングサロンで受けることができるオフィスホワイトニングと、歯科医院などでマウスピースを作って自宅で自分で行うホームホワイトニングがあります。

 

超音波スケーラー(ボトル付き)LED

超音波スケーラー(ボトル付き)LED

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp