製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果

歯は加齢や生活習慣などによって、徐々に黄色や黒に着色していきます。

 

通常の汚れは歯磨きやクリーニングで落とすことができますが、着色汚れは歯磨きでは落とすことができません。

 

ホワイトニングは、こうした着色汚れを落とし、歯に白さを取り戻す施術法です。

 

ホワイトニングには、過酸化水素を主成分としたホワイトニング薬剤が使用されます。

 

過酸化水素は歯に塗布されると酸素と水に分解されますが、この酸素が歯の色素と結びつくことによって、色素が分解され、着色汚れが除去されます。

 

さらに、この過程で生じる活性酸素が、歯のエナメル質に光を乱反射させ、黄色みの強い象牙質の色をカバーします。

 

歯の色素だけを分解して除去するので、歯を傷めずに白くできるところが特徴です。

 

ホワイトニングはどんな歯でも白くできるわけではありません。

 

ホワイトニングが有効な例としては、加齢に伴う歯の黄ばみや、コーヒー、赤ワイン、カレーなどのステイン、あるいは喫煙による着色などが一般的です。

 

これらの着色汚れは、ホワイトニングを行うことで白さを取り戻すことが可能であり、歯磨きの徹底や生活習慣の改善を同時に行うことで、長く白さを保つことができるようになります。 

 

また、ホワイトニングは、入れ歯や差し歯のような人工歯や、テトラサイクリンと呼ばれる抗生物質によって変色した歯には効果がありません。

 

そのため、これらの歯を含めてホワイトニングした際、その部位だけ浮いてしまうという難点があります。

 

これらの歯には、かぶせ物をするなどして対処するほかないため、ホワイトニングを行う際は、自分の歯の状態を事前にチェックし、歯科医としっかり相談するようにしましょう。

 

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp