製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 自宅でホームホワイトニング

自宅でホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、クリニックで作製したマウスピースなどに、ホワイトニング剤を入れ、自宅で数十分から数時間程度装着する方法です。ホワイトニングの開発国アメリカではほぼすべてのクリニックがホームホワイトニングを採用しており、最もポピュラーなホワイトニング法となっています。一方、日本ではアメリカほどホームホワイトニングが普及しておらず、ほとんどがオフィスホワイトニングを選択するというのが現状です。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングを行った後のケアとしても有効なので、オフィスホワイトニングを選択した人も、ホームホワイトニングを同時に取り入れるのがベストといえます。

 

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットは、効果が長持ちする点にあります。オフィスホワイトニングでは3~6ヶ月が平均持続期間となっていますが、ホームホワイトニングは、平均して1~2年ほど効果が持続します。また、自分のペースで、希望通りの白さになるまでホワイトニングできるので、徹底的に歯を白くしたいという人に向いている方法です。費用面についても安く抑えられるというメリットがあり、初回はマウスピースの作製費がかかりますが、それ以降は検診費とホワイトニング剤の費用だけで済みますので、オフィスホワイトニングに比べて安価です。

 

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリットとしては、即効性のなさと手間ひまかかる点が挙げられます。

オフィスホワイトニングが施術したその日に白さを実感できるのに対し、ホームホワイトニングは、ホワイトニングをはじめてから2週間以上経過しないとなかなか効果を実感することができません。また、すべてクリニック任せにできるオフィスホワイトニングに比べ、薬剤の塗布から装着、ケアまですべて自分で行わなければならないという面倒さが欠点です。

 

ホームホワイトニングの注意点は3つあります。1つは、マウスピースをはずした後、30分~1時間程度は飲食しないということ。また、ホワイトニング期間中は、喫煙やコーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなどの飲食を控えることです。上記2点はホワイトニングの効果を弱める要因となってしまいますので、ホワイトニング期間中は十分注意するようにしましょう。そして、最も気をつけるべきは、ホワイトニングの回数や時間をきちんと守ることです。ホームホワイトニングの指導の際、医師から1日のホワイトニングの回数および所要時間を言い渡されます。この回数と時間を守らず、もっと白くしたいからと言って、勝手に回数を増やしたり時間を延長したりすると、知覚過敏を引き起こす原因となってしまいます。決められた回数と時間を守り、正しい方法でホワイトニングを行うことが歯を安全に白くする近道となります。

 

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置blue-one

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置blue-one


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp