製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯軋り

歯軋り

歯軋りとは、上下の歯をギリギリとすり合わせたり、グッと食いしばったりすることを言い、専門用語では「ブラキシズム」と呼ばれます。

 

歯軋りの原因

歯軋りは、ストレスを解消するために行われていると考えられています。

そのため、歯ぎしりの最大の原因はストレスだという説が現在最も有力です。

噛み合わせが原因で歯軋りが起こるという話もよく耳にしますが、かみ合わせが歯軋りの原因だという科学的根拠(エビデンス)は無く、現在ではかみ合わせと歯軋りの関連性はほぼ否定されています。

また、歯ぎしりは子供にもよく見られますが、これは歯の生えかわりや骨の発育に必要なものであり、ほとんどの場合自然に治ります。

 

歯軋りの問題点

肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。

歯が削れたり、割れたりすることがある。

歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。

歯周病が進行しやすくなる可能性がある。

顎関節症が悪化する可能性がある。

横で寝ている人の迷惑になることがある。

睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている。

口腔内の衛生環境も悪くなる、超音波スケーラーで歯と歯肉の屑を洗浄とホワイトニングも必要となるかもしれません。

 

歯軋りの治療法

歯科で最も良く行われる歯軋りの治療法は「マウスピース」(スプリント)です。

夜寝る時にマウスピースを装着することで歯にかかる負担を軽減させることができます。

マウスピースの値段は歯科医院で購入すると、大体5000円くらいです。(健康保険が適用適用の場合)

極端に噛み合わせが高すぎる、あるいは低すぎるクラウン(被せ物)等が入っている場合には、それを調整、または作り直しする場合もあります。

ただ、歯軋りの根本的な原因はストレスである可能性が高いので、何らかの方法でストレスを軽減させることが最重要ポイントとなります。

ストレスを軽減させるには自己暗示療法、精神安定剤を使用する方法、漢方を使用する方法などがありますが、普通の歯科医院で行っている所はあまりありません。

これらの治療法は、歯ぎしりの治療に力を入れている一部の歯科医院や、精神科などで行われています。

 

 

アルギン酸塩印象材自動練和器 アルジミキサー

アルギン酸塩印象材自動練和器 アルジミキサー


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp